top of page
  • 執筆者の写真Fabcomm

「ワインが飲めない方はお断りの店」に込められたオーナーの深い念い

「オーナーの念い」・・・

ここからブランドは始まります。

念いを形にしていくためには、何が必要なのか、どうしたら伝わるのか、などなどを試行錯誤しながら積み上げていきます。

「Daitalia ダイタリア」のオーナーシェフ の念いの発端は、「ある冬の寒い日に飲んだ個性的なイタリアワイン」。



そこから単身イタリアに渡り、帰国後東京都内の飲食店に勤め、その後何店舗かの飲食店経営を経て、2019年3月19日に世田谷区羽根木に「Daitalia ダイタリア」をオープン。

「楽しくイタリア料理を 美味しいワインと一緒に」をコンセプトに、常連客やリピーターで賑わうイタリアワイン食堂へと成長しました。

予約の電話を入れると「2名でワインをボトル1本からのオーダーをお願いしている」と告げられます。

表面上は、「ワインが飲めない方はお断りの店」だと捉えられてしまいがちですが、そこには1,000本以上のワインと共に寝起きしているオーナーのワインへいただいているフードスの深い愛とDaitalia ダイタリアへの強い念いがあるのです。




ご自身も何度もいらしていただいているフードスペシャリストの星子莉奈さんが、Hanako web でシェフの念いについて書いてくださいました。


東京のリトルイタリーでワイン飯を。新代田〈Daitalia〉の佐藤大介さん|星子莉奈のMeet the Chef





なぜ「ワインが飲めない方はお断り」なのか・・・・

ぜひご覧ください。


執筆者:草間由紀

Commentaires


bottom of page